ネットワークビジネス~過労死対策にみる将来への備えの重要性

過労死問題と言えば、最近では電通のニュースが話題になりました。
日本は年間3万人以上が自殺している自殺大国となってしまっています。

何故、ここまで沢山の方が命を落とすほど働いてしまうのでしょうか?

単純に考えると
「仕事がキツイならやめれば良いじゃん。なんで自殺なんかするの?」
と思う人もいるとは思いますが

現実問題としてはそう単純に事が済む様な話では無いのかも知れません。

「パワハラ上司が怖くて会社を辞めると言い出せない。」

「部下に虐められているなんて恥ずかしくて言えない。」

「妻や子供を養えなくなってしまうから自分が頑張らなくてはいけない。」

「苦労して勉強して念願の会社に就職出来たから
これまでの努力を経て掴んだチャンスを無駄にしたくない」

「今は大変でももうちょっと頑張って
中間職になれば仕事は若手に任せて楽になれるはずだ」

「離職しても今の会社より給料の良い再就職先が見つかるか自信がない」

「高齢で他に雇ってくれる所もないだろうからこれ以上就職活動する意欲が湧かない」

「自分は今まで何でもやり遂げてきた人間なんだ
ここで仕事を辞めて完璧じゃなくなってしまうのが許せない。」

などこの他にも様々な理由や事情があるとは思いますが、
基本的に日本の職場の雰囲気は労働者は会社の歯車になって

大人しく言いなりになる事が良しとされる風潮がまだまだ根強くありますし、
雇用される側の労働者は意見をしにくい立場にあると言えます。

その為、仕事でストレスが溜まってもなんとか我慢して
その場をしのごうと考えてしまうケースも多いのかも知れません。

しかし、最初は軽いストレスくらいだったものが
毎日仕事に行く度に蓄積されて次第に慢性的になり、

それが原因で自分でも知らない内に身体が耐えられなくなって鬱病になり、
正常な判断が出来なくなって

平常な精神状態だった時ならば決してありえない様な
自殺という行動を取ってしまうというケースも多い様です。

つまり過労死問題からの自殺は健康な人でも十分にあり得る事ですし、
働いている限りは誰もが過労死自殺の被害者になりうる可能性があるという事です。

「私は健康だし大丈夫」と高を括っていられるものではないのです。
むしろ、過労死で自殺してしまった人達も最初は自分は大丈夫だと思っていたはずです。

習慣の力は恐ろしく、ストレスが強すぎる仕事は人格さえも変えてしまう程の影響力があります。

ネットワークビジネスは過労死問題の予防対策になります

過労死自殺に対して話題になるとブラック企業が世間の目に晒され
労働者を保護するような新たな規則が出来ていく可能性はあるかも知れませんが

私は基本的にブラック企業に入ってしまった場合に過労死自殺を防ぐ為の
根本的な解決方法としては会社を辞めて仕事のストレスから解放される
という事以外にはないと思います。

ストレスの元凶が目の前にあるのに一生懸命対策を考えようとしても
基本的に解決は難しいのではないでしょうか?

自分自身が向上する様な前向きな仕事に対する適度なストレスという事であれば
生産的なのかも知れませんが、

過労死問題になるような嫌々やらされている仕事の極度のストレスに対して
何とか対策してしのごうとするのは生産的ではないし
仮に一時的に我慢できた所で人生にとってあまり意義はないと思います。

過労死の原因となる理由は上記した一例の他にも色々と事情がある事は当然ですが、

本人の性格によるものが原因でなければ
お金があったら解決出来た事も多いのではないでしょうか?

例えば毎月10万円でもネットワークビジネスの権利収入があれば
いざ限界がきて決断が必要な時に選べる選択肢も変わって来たはずです。

死にそうなくらい忙しい方に働きながらネットワークビジネスをやれと言っても
到底そんな気力も時間も残されていないかも知れませんが、

逆に言えばネットワークビジネスで安定した収入を取ってしまえば
死にそうなくらい働く必要はないでしょう。

つまり、何が言いたいかと言うとネットワークビジネスは過労死を引き起こすほどの
ブラック企業で働きながら行う事は難しいかも知れませんが、

万が一ブラック企業に当たってしまった時に備える為の事前の予防策になりますよ
という事です。

前述したように過労死自殺の問題は誰にでも起こり得る問題です。

もし運よくあなたが過労死問題に一生該当しなくても
あなたの恋人や家族、あなたの子供が将来、過労死問題で苦しむ事になるかも知れません。

その様な時にネットワークビジネスの権利収入があれば
大切な人を単純に精神的な面で励ますというだけではなく
物理的に経済的な面から守る事が出来るのです。

更に言うならば過労死問題以外でもこれから先の人生を生きていく上で
様々なトラブルや思わぬ出費がかかる事は事前に気をつけていたとしても
なかなか避ける事は出来ません。

すでに分かっている人も多いと思いますが、
偏差値の高い学校に入って有名な会社に就職し、

40年以上の歳月を会社に捧げて定年退職まで勤め上げるならば、
勤続年数に応じて給料が上がっていき、

膨大な退職金をもらって老後は孫の顔を見て優雅に過ごせる
という古き良き終身雇用制度のライフプランは崩壊しています。

大手企業が次々と副業を解禁している事実からしても
終身雇用制度の考え方はどんどん通用しなくなって来ていますし、

これからの時代は副業が当たり前の自体になる事が予想されます。

何かあった時に備えて収入の柱を複数持つ事が新しい常識になり始めているのです。

そして、その様な状態の中でもネットワークビジネスは
一つの選択肢になるのではないかと思います。

いざ何か起こった時のために今の内から備えをしておく事こそが
一番確実な対策なのではないでしょうか?

私はお金に関する問題に対する対策はネットワークビジネスがその答えだと思います。

資料請求



a:124 t:1 y:0